大学院生の声

TOP 大学院生の声
石村昴誠

石村 昴誠

呼吸器・乳腺内分泌外科学

医療AIという未知の分野をゼロから学ぶことはかなりハードルが高いと当初は考えていましたが、本プログラムおよび先生方の様々なサポートのおかげもあり少しずつ理解を深めることができています。実際の研究にむけ克服するべき課題は山積していますが、AIを実装できる力や医療に応用できる思考力を身につけられるよう頑張っていきたいです。

調枝治樹

調枝 治樹

呼吸器・乳腺内分泌外科学

本コースを履修した人の理由は様々と思います。やりたいことが決まっていてそれをやるためにAIが必要である人やもともとプログラミングに精通している人、漠然とAIを扱うことに興味がある人など。私の場合は漠然と興味を持って、知識はほとんどない状態で本コースを履修しました。そんな私でも分かる様にAIを用いた研究に必要な考え方やプログラミングの基礎を一から学べるシステムになっており、知識の蓄積を行っております。実際にプログラミングを学習する中で臨床に応用可能な課題を見つけることができ、現在はその課題に対する研究を進めています。

豊澤 惇希

豊澤惇希

消化器・肝臓内科学

AIの知識がない中で入学しましたが、外部からの基礎的な授業もあり、AIとは何か理解することができた。
実臨床でもAIを活用した医療機器が販売され始めており、新しい医療機器開発などを考える際にとても勉強になった。

濱田龍正

濵田 龍正

形成再建外科学

独学でプログラミングを勉強しています。本プログラムではオンラインでの講義が豊富にあり、様々な視点でAIについて学ぶことができます。また、講演会などもあり刺激を受けれています。いざ実装するとなると講義だけでは厳しいのでプログラムの実装や論文作成する際のノウハウについてのコンテンツが充実するとさらに良いなと思っています。

平井亮佑

平井 亮佑

消化器・肝臓内科学

全く医療AIに関する知識も経験もないままコースに参加させていただきましたが、プロによる初級者向けのオンラインレクチャーなども定期的に開催頂いており少しずつその内容が身近なものになってきたように感じます。指導教官の先生方は非常に熱意がありサポートも手厚く、自主勉強会なども開催し横のつながりもできるので情報共有もしやすいです。今後は基本的なプログラミングのみではなく、臨床でどのような場面で応用・活用されているのか等の実際を経験者から学べる機会がもう少しあるといいなと思います。

二川摩周

二川 摩周

臨床遺伝子医療学

本コースには、機械学習に関するオンデマンド講義動画が豊富に揃っており、AIやプログラミング初心者の私でも理解しやすい内容でした。また、オンラインレクチャーでは実際にPython言語で分類モデルを実装することで、自研究を進めるにあたって、モデル構築のイメージが明確になりました。専属の指導教員の先生方には、AIアルゴリズムの選定や構築はもちろんのこと、個人の研究プロジェクトの倫理申請手続きについても手厚いサポートをいただいています。また、東北大学や北海道大学合同のセミナーでは、医療AIについて最新の活動事例について学ぶことができる他、プロジェクトの本質的な課題やニーズを得るための「デザイン思考」をワークショップ形式で体験することができ、非常に有意義な1年間でした。